アミューズ|Catch up !! 板谷由夏 blog

Home

2008

03

3月

05

水曜日

さむい夜だ

サイモン・マクバーニー演出の「春琴」を観に。お芝居とアートが合体したような演劇。なかなか新しいものを観た。感情を揺さぶられる芝居もいいがたまにはこういう実験的なものもおもしろい。難しくて何度も挫折した谷崎潤一郎にもう一度トライしてみようかと思った。そして、芝居の中で大きな演出力となっていた三味線の音色にやられた。三味線習いたくなっちゃった。明日CDショップで三味線の音源探してみようなんて思いながら今、帰宅。にしても冬に逆戻り?寒い寒い。春だわ、もうすぐ!って油断してた。風邪を引かないように気をつけなきゃね。みなさんもね。
null
今年は柑橘類をよく食べる。ネーブル、たんかん、しらぬい、はっさく、ポンカン!

コメント

板谷さんの三味線見てみたいです。
本当に本当に風邪引きませんように。
暖かくしてくださいね。

2008.03.05[ちゃあさん]より

お疲れさまです。
谷崎潤一郎の『春琴抄』は日本近代文学が残した美しい作品です。
芥川龍之介の『藪の中』のようなサスペンス的要素もあって、中編小説ではありますが読み応えありますよ。
ヒロイン春琴とそれを献身的に支える佐助。言説化されていない2人の愛を読み取ってみてください。
山口百恵さんと三浦友和さんの映画版は、原作とはちょっと世界観が違うので、小説を読まれてから観ることをオススメします♪
由夏さんも季節の変わり目なので、体調にはくれぐれも気をつけてください。

2008.03.06[なんらさん]より

きのうは、寒くて皿倉山は白くなってました。
ミカンいっぱい食べて風邪引かないように
気をつけてください。

2008.03.06[八幡工業さん]より

一筋縄ではない独特の女性観を、端正な文章で表現された作家だと思います。
三味線の冴えた音の響き、季節の変わり目の戸惑い・・・。
日本人で良かったと思える、ほんのひとときです。

2008.03.07[らんぷさん]より

赤ちゃんができても女優業がんばてください。
応援しています。

2008.03.07[minaさん]より

ワタクシも先日、春琴観に行きました。とても刺激的でしたね。
そしてその足で原作をGETしました(笑)

まだまだ油断出来ない気候ですので、お身体大切に...。

2008.03.09[すみれさん]より

凄い2!!
ビタミンC  たっぷりですね☆

身体は1番大事ですね♪

2010.04.21[まるさん]より

コメントを書く

PAGE TOP ▲

© AMUSE INC., All rights reserved.[アミューズ ホームページ]